車検・予約ならトーシン車検 | 有限会社東伸自動車車検のことなら大阪府門真市のトーシン車検へ。門真市、守口市、寝屋川市、交野市、四条畷市、大東市の車検に対応、ウェブ予約受付中 | 有限会社東伸自動車

TOSHIN topics

ご予約・お問い合わせ
06-6916-3121
電話受付:AM9時~PM10時
車検証をご用意してお電話ください。

トーシンのお役立ち情報

みなさんはモータースポーツに興味はありますか?モータースポーツ好きで観戦する人、又は自身でモータースポーツをしているよ!って人や、実際にどんな物なのかわからない?何処でやってるの?って人もいると思います。今回はモータースポーツの楽しみ方をお送りしようと思います。

みなさんは、通常車検が切れる前に、車検を受けて更新していると思うのですが。なんらかの事情で、車検が切れた状態の自動車で、再び車検を受ける場合ってどうすればいいかご存じですか?今回は、車検切れ状態からの車検について詳しくお話していこうと思います。

自動車の点検で、法定点検とその他の点検があります。一般的に、1年点検や12か月点検と呼ばれる物は「法定点検」になります。乗用車の場合は、法定点検は12か月点検となりますが、ハイエースやプロボックスなどの、車検が1年の貨物車の場合は、6か月の法定点検があります。東伸自動車では、お客様のご希望で貨物車でない乗用車でも、6か月点検を実施していますので、法定12か月点検・法定6か月点検・東伸自動車の6か月点検の内容を説明して行こうと思います。法定点検がどのような物なのかの、詳しい内容については「車検以外の点検の必要性」でも紹介していますので、そちらも合わせてご覧下さい。

早い物で21世紀も20年が過ぎ、2020年になってしまいました。先日、2000年生まれが20歳と聞いて軽い衝撃を受けた物です。いや、冷静に考えたら解ることなんですが。そんな時代になりまして、当然自動車の技術も進歩しております。20年4月より、電子制御装置等の整備に関する「特定整備」制度も運用が開始され、自動運転なんかの話も、遠くない未来の話になって来ています。今回は、そんな自動車技術と車検の高度化についてのお話をさせて貰おうと思います。

自動車を所有している人にとって、車検は定期的に必ず受けなければならない物なのは勿論ですが、みなさん車検以外の点検についてはどうお考えでしょうか?「ディーラーや販売店などから進められるけど、定期点検って必要なの?「そもそも、そんな頻度で点検って必要なの?」よくこのような声をお聞きしますので、今回は車検以外の自動車の点検についてお話していきたいと思います。

「リコール」はある意味自動車とは切っても切れない存在となります。タカタ製エアバッグの大規模リコールなどは、まだ記憶に新しく、実際に該当する自動車に乗っていた人も多いのではないでしょうか?リコールが一体どのような場合に発表されるのか、リコールが発表されたらどうすればいいのかなど、今回はリコールについて色々とお話したいと思います。

日本は比較的小さな島国ですが、北は北海道から南は沖縄まで、地域によって気候や環境など様々な違いがあります。便宜上、小さな島国とは言いましたが、世界で200近くの国がある中で、日本の国土の広さは60番目位に広いらしいです。こうやって見るとそこまで狭くもないような。話が逸れましたが、今回は、様々な地域によって違う自動車の細かい所や、車検時などにおいて変わって来る内容などを見ていこうと思います。

近年、サブスクなどのサービスが注目されていますが、自動車にもサブスクのサービスが導入されてきています。自己所有が一般的だった自動車の所有形態も、この様に時代と共に変化してきています。今回は、そんな私達の新しい自動車との付き合い方について見て行こうと思います。

「構造変更」と言う言葉を聞いたことはありますか?自動車の改造をした際に必要になる手続きになるのですが、普段一般的にはみなさんあまりお目に掛かる機会はないと思います。今回、構造変更のお話をさせて貰うのは、新車のハイエースの5人乗りモデル(スーパーGL)を6人乗りに新車から構造変更を行ったので、その過程を書いてみようかと思った為です。

お問い合わせ

不明な点やご質問など、こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。

ロゴ