車検・予約ならトーシン車検 | 有限会社東伸自動車門真市周辺の車検費用の相場 | 有限会社東伸自動車

TOSHIN topics

ご予約・お問い合わせ
06-6916-3121
電話受付:AM9時~PM10時
車検証をご用意してお電話ください。

トーシンのお役立ち情報

トップ  >  お役立ち情報  >  門真の整備士が語る、車検に落ちる原因と対策

門真の整備士が語る、車検に落ちる原因と対策

自動車を所有していると、定期的に必ずやってきて受けなければならないのが車検です。

車検を依頼した時に「〇〇を換えないと車検に通りません」と言われたことがあると思います。

具体的に、どのようなことが車検に落ちてしまう原因となるのでしょうか?

今回は、車検で落ちる原因を見て行きたいと思います。

車検に落ちる原因

車検に落ちると言っても、どのような場合に車検に落ちてしまうのでしょうか?

車検とは、道路運送車両法の保安基準に、車検時点で自動車が適合しているかどうかの検査になります。

故障などでなにかしら自動車に不具合がある場合や、改造などによって通らない場合も、全てこの保安基準に適合しているかどうかの問題になります。

どのよう場合に落ちてしまうのが見て行きましょう。

自動車の根本的な部分や外観などの原因

エンジンやフレームなどの根本的な部分や、外観などが原因で車検に落ちる場合です。

車体番号が不鮮明

錆びや腐食などで車体番号が不鮮明になっている場合には、自動車の同一性の確認が取れない為に、車検には通りません。

この場合、国から新しい車体番号を発行して貰う、職権打刻と呼ばれる物を行わなければなりません。

エンジンの型式が違う

エンジンの型式が車検証と同じ物であるかどうかも確認されます。

エンジンの換装や改造などを行って、エンジン型式や排気量が変わっている場合は、構造変更申請を行う必要があります。

ミッションの形式が違う

AT→MTなどにミッションの換装を行った場合でも、構造変更申請が必要になります。

「車検証にミッションの記載はないからバレないんじゃないの?」と思う人もいると思いますが、検査官は意外と細かい所まで見ていますので、大人しく構造変更申請をしましょう。

フレームやボディーに著しい腐食がある場合

フレームやボディーなどに著しい腐食があり、穴などが開いてしまうと車検には通りません。

ガラスの不具合

ガラスにヒビや割れがある場合は、車検には通りません。

小さなヒビの場合はガラスリペアなどを行って車検に通すことは出来ますが、大きなヒビや割れがある場合はガラスを交換しなければなりません。

また、フロントガラスには車検証票と法定点検のステッカーしか貼ることが出来ません。

吸盤などでフロントガラスに貼り付けるタイプの後付けアクセサリーやドライブレコーダーなども、車検には通りません。

また、フロントガラスの上部にスモークやステッカーなどを貼る、通称「ハチマキ」と呼ばれる物がありますが、スモークの場合は基準が決まっており、基準外ですと通りませんし、ステッカータイプは問答無用で通りません。

フロントガラスと、運転席助手席の窓にフィルム等を貼り付けしている場合も車検に通りません。

基準で透過率が決まっており、最近の自動車はUVカットなどのガラスが使用されている為、例え透明なフィルムを貼った場合でも、ほとんど車検には通らなくなります。

灯火類の不具合

灯火類に不具合がある場合も、車検は通りません。

点灯しないランプがある、レンズが割れて光が外に漏れている、ウインカーなどがハイフラッシャーなどになっている、後付けのフォグランプなどが基準外の取り付け方法で取り付けられている、基準外の色のランプが使用されている場合などになります。

灯火類は好きなように勝手に改造したり、増やしたりしていい物ではなく、全て細かく基準化されています。

自動車のサイズなどが変わっている場合

自動車のサイズが車検証のサイズと変わっている場合は、構造変更申請をする必要があります。

根本的な基準として、全長3cm、全幅2cm、全高4cm以上変わる場合は構造変更が必要になります。

最低地上高も9cmが必要になりますが、樹脂製エアロなどを装着している場合は、5cm以上であれば問題ありません。正し、エアロに灯火類などが設置されている場合は9cm以上必要になります。

オーバーフェンダーなどを装着した際も、全幅2cm以上は構造変更が必要になります。

具体的には片側9mmまでのオーバーフェンダーならそのままでも問題ありません。

リフトアップやローダウンなどで全高が変わっている場合も、4cmを超えるようであれば構造変更が必要になります。

リアスポイラーやウイングを取り付ける場合は、車体の最後部よりはみ出していなく、これらの最外部が車体の最外部よりも165mm以上内側にあり、ボディと翼端の隙間が2cm以下であり、鋭利な部分がなく安全な形状であることと決められています。

ナンバープレートが適切に取り付け表示されていない場合

ナンバープレートも、保安基準に沿って適切に取り付けと表示を行う必要があります。

横向きに見やすく表示され、カバーは透明でも装着してはいけませんし、ナンバーフレームも文字に掛かったりするような物は装着出来ません。

折り曲げたりしてもいけませんし、表示の角度なども細かく規定されています。

ワイパーが切れている場合

ワイパーが劣化して千切れている場合にも車検は通りません。

そんな所まで見てるの?と思われそうですが、意外と見られているんです。

車内の装備に不具合がある場合

車内にも様々な装備があり、これらも不具合があると車検に通りません。

レバースイッチ類の表示がされていない

ハザードランプやホーンボタン等、各レバーやスイッチ類の表示が正しくされていない場合は車検に通りません。

メーターの表示が正しくなされていない場合

メーター内の各警告灯がきっちりと点灯しない場合や、ATやCVT車の場合はシフトのポジションランプが切れている場合なども車検に通りません。

発煙筒が積載されていない場合

発煙筒が設置されていない場合は車検には通りません。もし、何かで使用することがあった場合は、新しい発煙筒を補充して設置しておくようにしましょう。

ホーンに不具合がある場合

ホーンがきっちり鳴らないとダメです。音量なども基準で決まっており、残響がある物も車検に通りません。

ウォッシャー液が出ない

なんらかの原因で、ウォッシャー液が出ない場合も車検に通りません。

スイッチやウォッシャーの機構に問題がある場合や、単純にウォッシャー液切れの場合でもダメです。

シフトパターンが無い

MT車の場合は、シフトパターンの表示が無い場合もダメです。

紙に手書き等ではダメで、純正のシフトパターンやパターンバッチを設置しておく必要があります。

車内からの視界を妨げる物が設置されている場合

オンダッシュタイプのナビが設置されている場合など、規定された視界を妨げ場合は車検に通らないことがあります。

「前方2mにある高さ1m直径0.3mの円柱を鏡などを用いずに視認出来ること」と規定されています。

車内に突起物などがある場合

衝突の際に頭や体などをぶつけて危険になる物がある場合もダメです。

厳密にはエアコンの吹き出し口に取り付けるタイプのドリンクホルダーなども該当するのですが、これで落ちた例はほとんど聞いたことはないです。

多いのが、ダッシュボードテーブルなどを装着している場合です。両面テープなどで、衝撃が加わった際に脱落するような簡易な取り付けをされている場合はOKですが、ボルトなどで固定されている場合は車検には通らなくなります。

シートに不具合がある場合

シートが破れるなどして、中身のフレームなどが露出していると車検には通りません。

ヘッドレストも装着されていないとダメですし、ヘッドレスモニターも原則車検に通すことは出来ません。

社外のシートに交換している場合も、注意しないと車検に落ちることがあります。

交換するシートが保安基準に適合している物でない場合は勿論通りませんし、フルバケットシートの場合は、乗車定員2名以上の自動車に装着する場合は、シートの後ろ側のシェルに後部の乗員保護の為のカバーが付いている必要があります。

シートを交換する場合は、シートレールから交換が必要になりますが、こちらのシートレールも保安基準に適合して物を使用する必要があります。

タイヤ周りに不具合がある場合

タイヤの状態や取り付けに問題がある場合も車検は通りません。

タイヤの溝がない場合

車検時の基準として、タイヤの溝が1.6mm以上ないといけません。

タイヤに設定されているスリップサインが完全に露出した状態が1.6mmになるので、スリップサインが出ている場合はタイヤを交換する必要があります。

タイヤの荷重指数が足りない場合

タイヤには荷重指数と言った物が設定されています。自動車にも、バンなどの商用車最大積載量が決められていて、この自動車の最大積載量を支えられるタイヤを装着していない場合は、車検には通りません。

ハイエースなどに、ドレスアップ目的のタイヤを装着しているような場合によく見られるパターンになります。

タイヤが車体からはみ出している

タイヤは、中心部分から前30度、後ろ50度までの部分は車外にはみ出してはいけなくなっています。最外部が「タイヤ」の場合に限り、突出量が10mm以下であれば車検には通りますが、最外部が「ホイール」の場合や、10mm以上はみ出している場合はダメです。

規格外のホイールを装着している

ホイールにも車検に適合する規格があり、それ以外のホイールを装着している場合は車検に通りません。

乗用車の場合は「JWL」、貨物車の場合は「JWL-T」マークが入っているホイールでないといけません。

ホイールナットが緩んでいる場合

ホイールナットがちゃんと閉まっていなく、緩んでいる場合にも車検に通りません。

タイヤがフェンダーハウスなどに接触している場合

タイヤがフェンダーハウス内などに接触していると、車検に通りません。

タイヤが真っすぐの状態でショックなどが縮んだ場合などもそうですが、ハンドルを切ってどこか一部が接触する場合などもダメです。

番外編、純正から著しくサイズの違うタイヤを装着している場合

インチアップなどで、純正のタイヤホイルからサイズが変わっている場合なのですが、タイヤの外径が純正時と変わらないように計算している場合は問題ありませんが、外径が著しく異なると、車検に落ちる可能性があります。

スピードメーターの検査の際に、テスターで測定した実際の速度と、自動車のスピードメーターの表示速度の差が検査されるのですが、タイヤの外径が変わってしまうと、スピードメーターの誤差もその分大きくなり、基準外になってしまうので車検に落ちてしまいます。

走行に必要な基本的な機能に問題がある場合

走る、止まる、曲がると言った基本的な機能に問題がある場合も、車検は通りません。

ブレーキに不具合がある場合

ブレーキに引きずりが発生している場合や、基準値以上の制動力が出ない場合は車検に通りません。

また、ブレーキオイルの漏れや、ブレーキホース・パイプに損傷がある場合も車検に通りません。

アライメントに問題がある場合

車検では、スリップと呼ばれる、直進した時にタイヤがどれだけ横滑りしているかを測定する検査があります。

1m直進する間に5mm以上の横滑りがある場合は不合格となるのですが、アライメントが狂っている場合などは、簡単にこれを超えてしまう為、適切に調整する必要があります。

ヘッドライトに問題がある場合

ヘッドライトの検査では、光量、光軸が検査されます。

明るさが基準に足りなければ落ちてしまいますし、逆に明るすぎても通りません。

適切な方向を照らしていることと、明るさの両方をクリアしていないと車検には通りません。

レンズが曇っていたり傷が多い場合には明るさが出ないこともありますし、事故などで周りをブツけている場合には、適切な向きにヘッドライトが向かないこともあります。

スプリングやショックなどに問題がある場合

スプリングなどは交換しても問題はありませんが、腐食などで損傷している場合や、遊びなどがある場合は車検に通りません。

ショックも、オイル漏れなどがあると車検に通らなくなります。

リーフスプリングなどを装着している自動車の場合、社外品などに交換した時は構造変更申請が必要になります。

マフラーに問題がある場合

マフラーに腐食などで穴が開いてると車検に通りません。

車外マフラーなどに交換している場合では、音量などが基準値以内でないと通りません。

排気ガスに問題がある場合

排気ガスも基準の数値以内でないといけません。

年式によって基準が変わります。

各液体に漏れがある場合

オイル・冷却水・燃料など、各液体の漏れがある場合も、車検には通りません。

滲み程度なら通ることもありますが、雫になって下へ落ちるようでしたらダメです。

燃料は少しでも漏れていてはいけません。

ブーツ類に破れがある場合

各ブーツ類に破れや損傷がある場合も車検に通りません。

針の穴のような小さな破れでも、中のグリスが出てきていればアウトになります。

具体的には。

  • ドライブシャフトブーツ
  • アッパーアームボールジョイントブーツ
  • ロアアームボールジョイントブーツ
  • タイロッドエンドブーツ
  • ステアリングラックブーツ
  • スタビリンクロッドブーツ

などがあります。

下廻りのボルトなどに緩みがある場合

自動車の下廻りの、サブフレームや足回りの部品などの取り付けボルトに緩みがある場合も車検に通りません。

割ピンが入っていない場合

足回りなどの各ナットには、周り止めの割ピンが入っている物があります。

この割ピンが入っていないと、車検に通らなくなります。

改造によって通らない場合

自動車の改造によって車検に通らなくなることもあります。

構造変更申請などをすることによって通る物もあれば、根本的にどうやっても通らない物まで様々な物があります。

社外品のブローオフバルブを取り付けた場合

ターボ車の場合は、余剰圧力がタービンへ逆流して、タービンを痛めないように、圧を逃がす為のブローオフバルブが装着されています。

純正の場合は、圧を吸気側へ逃がす構造の物が装着されていますが、社外品の圧を外へ逃がす、大気開放タイプを装着すると車検に通らなくなります。

社外品でも、吸気側へ逃がすタイプの物を装着すれば問題なく車検に通ります。

ウエストゲートを大気開放にしている

ウエストゲートはターボの過給圧を制御している部品になりますが、マフラーへと接続して圧を逃がす必要があります。

これを、マフラーへ戻さずに大気開放にしていると、車検に通りません。

取り付けるマフラーなどによっては、リターン用のパイプが付いていない物もありますので、対応の物に換えるか、ワンオフで制作する必要があります。

アーム類を社外品に交換した場合

足回りのアーム類やタイロッドエンドなどを社外品に交換した場合は、構造変更申請が必要になります。

触媒を交換した場合

純正の触媒を、スポーツ触媒などに交換した場合は構造変更申請が必要になります。

根本的に触媒を撤去してしまって直管にしてしまった場合は車検に通りません。

ハンドルを交換した場合

ハンドルの交換自体は車検には問題ないのですが、メーターが視認できないような形状な大きさのハンドルの場合は車検に通りません。

また、警告灯が点灯していると車検に通らなくなる為、社外ハンドルに交換してエアバッグが無くなった場合は、警告灯が点灯しないようにする必要があります。

バッテリーを移設した場合

エンジンルームから室内などにバッテリーを移設した場合は、車検に通らないことがあります。

バッテリーを室内に設置するには、バッテリーをケースなどに入れるなどして、社外へガスを逃がす機構を作る必要があります。

そのまま移設してバッテリーだけを設置しただけでは、車検には通りません。

コレクタータンクを設置した場合

コレクタータンクを設置する場合には、トランクや室内に設置することが多くなると思いますが、隔壁などで囲い、ガスを車外へ逃がす機構を備える必要があります。

エアサスに変更した、又は逆パターン

通常のサスからエアサスに変更した場合、またその逆の場合も構造変更申請が必要になります。

カーボン・FRPドアに交換した場合

大幅な軽量化になる為、通常の金属製のドアからカーボンやFRP製のドアに交換する人もいるでしょう。

社外品のこれらのドアは、側面からの衝突安全性が証明出来ない為、原則車検には通りません。

原則通らないと言うのは、自前で試験車とドアを用意して破壊検査を行うと、通すことも出来るようですが、物凄い金額が掛かります。

エアポンプを取り外した場合

RE車には、排ガス浄化の為にエアポンプが装着されています。

これが色々やるに当たって、邪魔でじゃゲフンゲフン、色々な事情で取り外した場合には、そのままでは車検に通らなくなります。

エアポンプレスにする場合には、触媒を交換した上で排ガスレポートを提出して構造変更申請をする必要があります。

エアポンプは故障しやすい癖に、故障していると排ガス全然通らなくなる曲者なので、みんなエアポンプレスにすればいいと思いますよ?

適切にロールケージを装着していない場合

ロールケージなどを組んでいる場合は、乗員保護の為に、パッドなどの緩衝材を取り付ける必要があります。また、装着しているロールケージが乗車定員逃げ対応タイプでない物で、乗車定員がそのままの場合は、乗車定員を変更するかロールケージを取り外さないと車検には通りません。

並行輸入車の場合

外車で並行輸入車の場合、そのままでは車検に通らないことがあります。

特によく引っ掛かるのは、灯火類に関する物なのですが、現地の仕様と日本の保安基準が適合せずに通らないことが多いです。

パーツなどを交換して、保安基準に適合するようにしなければなりません。

「前回はこのまま通ったのに!?」と言ったこともたまに発生しますが、前回の検査官の見落としになるので、ゴネても通ることはないです。

書類などその他の要因で車検に通らない場合

自動車自体に問題がなくても、その他のことで不備があり、新しい車検証が発行して貰えないこともあります。

書類不備の場合

必要書類が全てそろっていない場合です。

多いのが、自賠責保険の有効期限が足りない場合と、納税証明書が無い場合です。

納税証明は、普通車の場合ですとネットワークでの納税確認に対応してる都道府県もありますので、納税証明書自体は無くても大丈夫な場合もありますが、軽自動車の場合は原則必要になります。

また、軽自動車は地方税となり各市町村の管轄となる為、あらかじめ役所等で納税証明書を用意しておく必要があります。

自動車税を支払っていない場合

根本的に、自動車税を支払っていない場合は新しい車検証を発行して貰うことは出来ません。車検までのキッチリと納付しておきましょう。

駐車違反を放置している場合

駐車違反をして、反則金を払わずに放置している場合も、新しい車検証は発行して貰えません。こちらももしある場合は、車検までにキッチリと反則金を納付しましょう。

リコールを受けていない

大きな問題となりました、タカタ製エアバッグ装着車は、エアバッグのリコールを受けていないと車検に通すことが出来ません。

車検に落ちた時

陸運局などで車検を通す場合、検査ラインで落ちてしまっても、当日中は合計3回まで検査を受けることが出来ます。

その間に、不具合箇所などを修正して検査を通すのですが、最悪当日中に通せなかった場合は、限定検査証と呼ばれる、検査に落ちた項目以外に限定した車検証が発行されます。

これは15日間有効で、この15日の間に落ちた項目の合格を目指すことになります。

また、再検査の場合は1500円の手数料が掛かります。

まとめ

今回は車検に落ちる原因を紹介しました。

車検の項目って簡単な物のようで、意外と細かい所まで見ていますし、検査官もかなり目を光らせています。

改造車などの場合は、紹介した以外にももっと細かくややこしいことが沢山あって・・・・

無駄に費用などを掛けない為に、車検前に出来る対策等はしておきたいですね。

お問い合わせ

不明な点やご質問など、こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。

ロゴ